ニュース

2015年03月15日 09:37

原稿募集:Crustacean Research

Crustacean Researchの投稿を募集しています。 詳細はこちら  
続きを読む
2015年03月14日 09:39

原稿募集:Cancer

和文誌Cancerの投稿を募集しています。 詳細はこちら
続きを読む
2014年11月29日 21:25

International Symposium on Barnacle Biology, Part II

Successfully completed!   11 Oct 2014  東京海洋大学品川キャンパス世話人: 山口 幸 (神奈川大学), 吉田 隆太 (琉球大学),...
続きを読む
2014年10月01日 19:54

IAA&CSJ Joint International Conference on Crustacea was a great success!

IAA&CSJ Joint International Conference on...
続きを読む
2014年08月29日 21:40

8th International Crustacean Congress (ICC-8)

8th International Crustacean Congress...
続きを読む
2013年07月27日 19:37

The Crustacean Society (TCS) and the Latin American Association of Carcinology (ALCARCINUS) Summer Meeting

表記の学会がSan José(Costa Rica)で2013年7月に開催され、参加してきましたので、報告します。     ...
続きを読む
2013年02月01日 21:35

The Crustacean Society Winter Meeting (サンフランシスコ)

The Crustacean Society Winter Meetingは、いつも Annual Meeting, Society for Integrative and Comparative...
続きを読む
2011年07月26日 20:04

真社会性テッポウエビに関する講演会

アメリカのVirginia Institute of Marine Science (College of William and Mary, USA) のJ. Emmett...
続きを読む
2011年06月30日 22:17

The Crustacean Society of Summer Meeting (Hawaii)

2011年に開催された The Crustacean Society of Summer Meeting (Hawaii)に、The Crustacean Society の President...
続きを読む
2009年10月01日 21:11

International Conference: TCS Summer Meeting (USA) & Annual Meeting of Carcinological Society of Japan: 2009.

 当時の様子の写真はこちらをクリック大会開催の経緯 The Crustacean Society (TCS) は,1979年にアメリカの甲殻類研究者を中心に設立され,...
続きを読む
<< 8 | 9 | 10 | 11 | 12

International Symposium: Frontiers in Crustacean Biology: Asian Perspectives

From right to left.  Jianhai Xiang (China), Peter Kee Lin Ng (Singapore), Lim Shirley (Singapore), Akira Asakura (Kyoto University), Benny K.K. Chan (Taiwan), Tsang Ling Ming (Hong Kong), Ka Hou Chu (Hong Kong) 

See more !


会員情報登録に関するサイトを開設しました。すべての会員の方は、ここで情報登録を行ってください。会誌の発送、学会からのお知らせ、将来的な学会メーリングリストの開設、将来的な選挙投票システムの構築など、会員が学会より情報を受け取るために使わせていただきます。

 

会員情報登録のサイトはこちらから

Nagoya Protocol on Access and Benefit Sharing (ABS)

名古屋議定書の発効されました。海外の標本を扱われる方は、学会発表や論文投稿の際に十分ご注意ください。Nagoya Protocol on Access to Genetic Resources and the Fair and Equitable Sharing of Benefits Arising from their Utilization to the Convention on Biological Diversity.  See;

 https://www.env.go.jp/nature/biodic-abs/index.html

 https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/mono/bio/Seibutsukanri/index.html

ABS学術対策チームのページ

 https://nig-chizai.sakura.ne.jp/abs_tft/

WWFによる解説

 https://www.wwf.or.jp/activities/2010/06/842329.html