ニュース

2016年06月23日 14:56

後援「第17回国際土壌動物学会議・第14回国際無翅昆虫学会議」

日本甲殻類学会は下記の2つの国際会議を後援します。 第17回国際土壌動物学会議・第14回国際無翅昆虫学会議 https://soilzoology.jp/icsz_ica2016_jp/ 日程: 国際土
続きを読む
2016年06月09日 09:02

受付開始:第54回大会鹿児島大学

鹿児島大学での第54回大会の日程が決まりましたので、お知らせします。皆様、ふるってご参加ください   日時:2016年10月22日、23日 場所:鹿児島大学水産学部(下荒田キ
続きを読む
2016年06月08日 23:33

新しいシステム:会費納入、新入会員、会員情報の登録

会費納入、新入会員、会員情報の登録に関する新しいシステムが稼働しました。 下記にお進みください。
続きを読む
2016年06月08日 11:27

後援「「次世代、次々世代の魚類学者、海洋生物学者を育てるために、 ボトムアップで今何をなすべきか。アウトリーチと学校教育の融合を目指して。」

日本甲殻類学会は下記集会を後援します。 東京大学大気海洋研究所 共同利用研究集会 「次世代、次々世代の魚類学者、海洋生物学者を育てるために、...
続きを読む
2016年06月05日 08:53

会記:追記

皆様  当学会では2014年に評議員選挙を行い2015-2017年任期の評議員が決まりました。これを「日本甲殻類学会会則」の「評議員選出規程」細則の第8条によって学会誌(昨年発行のCancer)に報告
続きを読む
2016年06月03日 13:27

「日本甲殻類学会ニュース」バックナンバーのアップロード

この学会の歴史を知る、かつて出版されていた貴重なNewsletter誌を、学会員の小西光一さんがお持ちでした。「日本甲殻類学会ニュース」といいます。このたび、小西さんのご好意によりそれをスキャンしてオ
続きを読む
2016年05月02日 08:35

第54回大会のお知らせ

鹿児島大学での第54回大会の日程が決まりましたので、お知らせします。皆様、ふるってご参加ください   日時:2016年10月22日、23日 場所:鹿児島大学水産学部(下荒田キャンパ
続きを読む
2016年03月27日 09:31

講演会「娘とともに子育てをするブロメリアガニの驚きの生態と進化の道筋」by Dr. Rudolf Diesel

  FYI !  ...
続きを読む
2015年10月31日 15:18

第53回大会は無事終了

日本甲殻類学会第53回大会が、2015年10月10日、11日に東京海洋大学品川キャンパスで開催されました。   恒例の記念撮影です。前列左から5番目の方が当学会の運営、Crustacean...
続きを読む
2015年09月26日 21:10

International Symposium on Crustacea

下記シンポジウムが、来る10月10日-11日に開催される日本甲殻類学会大会(東京海洋大学品川キャンパス)の期間中に開催されます。 皆様の参加を心よりお待ちします。   Internation
続きを読む
<< 1 | 2 | 3 | 4 | 5 >>



From right to left.  Jianhai Xiang (President Emeritus, Chinese Crustacean Society), Peter Kee Lin Ng (Singapore), Lim Shirley (President, The Crustacean Society; Singapore), 朝倉, Benny K.K. Chan (Asian Governor, The Crustacean Society; Taiwan), Tsang Ling Ming (Hong Kong), Ka Hou Chu (Chairperson, The Crustacean Society Mid-Year Meeting 2019; Hong Kong)


International Symposium: Frontiers in Crustacean Biology: Asian Perspectives

(Successfully completed!   6-9, Oct 2017)

In light of recent development and internationalization of study of biology of crustaceans in countries in Asian region, it is the best time to start establishing Asian network of crustacean biology. Caricinological Society of Japan will host the network. As the first step to turn the idea into a startup, a symposium of this subject is organized. In this symposium, people who are intensively studying crustacean biology in Asian area are invited to present review of their study.

             Akira Asakura
             President, Carcinological Society of Japan


--- Program ------------------------

Jianhai Xiang (President Emeritus, Chinese Crustacean Society; Chinese Academy of Sciences)
"Introduction to the Chinese Crustacean Society"

Peter Kee Lin Ng (National University of Singapore)
"The nature of Asian carcinology: Evolution"

Lim Shirley (President Elect, The Crustacean Society, U.S.A.; Nanyang Technological University, Singapore)
"Prospects and challenges in conducting crustacean ecological research in a highly-urbanized country"

Ka Hou Chu (The Chinese University of Hong Kong)
"Resolving the decapod tree of life: the case of Caridea"

Tsang Ling Ming (National Taiwan Ocean University)
"Application of Next-generation sequencing in ecological and evolutionary studies of crustaceans"

Benny K.K. Chan (Asian Governor, The Crustacean Society; National Taiwan University)
"Larval biology of coral and sponge associated barnacles"

Hyun Sook Ko (Silla University, Korea)
"Classification of Korean brachyuran zoeas"
==============================================



生物多様性条約(CBD)とABS「遺伝資源の利用から生じた利益の公正かつ衡平な配分」に関わる問題

Nagoya Protocol on Access and Benefit Sharing (ABS)

このことについては、名古屋議定書の発効とともに、現実に対応しなければならない問題となりました。海外の標本を扱われる方は十分にご注意くださるようにお願いいたします。学会発表や論文投稿の際にも、十分ご注意ください。

Nagoya Protocol on Access to Genetic Resources and the Fair and Equitable Sharing of Benefits Arising from their Utilization to the Convention on Biological Diversity


環境省による解説

 https://www.env.go.jp/nature/biodic-abs/index.html


経済産業省による解説

 https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/mono/bio/Seibutsukanri/index.html


ABS学術対策チームのページ

 https://nig-chizai.sakura.ne.jp/abs_tft/


WWFによる解説

 https://www.wwf.or.jp/activities/2010/06/842329.html