ニュース

2020年08月18日 17:32

日本甲殻類学会評議員選挙の公示

日本甲殻類学会評議員は本年度末で任期(3年)満了になります。これにともない,日本甲殻類学会の次期評議員の選挙を日本甲殻類学会会則に基づき行います。評議員選挙の投票用紙等は,8月上旬に各会員宛に日本甲殻
続きを読む
2020年07月21日 09:38

日本甲殻類学会若手の会 第2回自由集会オンライン開催のご案内

詳細はこちらにアクセスしてください。https://csj2020mtg.webnode.jp/premtg 
続きを読む
2020年06月30日 21:17

2020年度の大会(オンラインによる。参加は学会員のみ)

関係皆様 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の状況に鑑み、わが国におきましても、感染の第二波についての対策が進められているところです。 こうした状況のもと、この秋から冬にかけて開催を予定している学会
続きを読む
2020年06月27日 23:14

Official Facebook statistics

Official Facebook statistics at this moment.Please go to the official Facebook and become followers...
続きを読む
2020年06月25日 21:25

Twitterアカウントを開設しました。

公式Twitterアカウントを開設しました。https://twitter.com/CarcinologyJPNフォローをお願いします。
続きを読む
2020年06月16日 18:27

Crustacean Research の統計

   日本甲殻類学会が発行する国際誌 Crustacean Research は、2015年より現在のスタイルとなりました。  電子版は J-Stage...
続きを読む
2020年01月13日 23:02

第2回日本甲殻類学会若手の会自由集会の企画を募集いたします

日本甲殻類学会若手の会は,「全国に散らばっている甲殻類に関心のある若人(研究者に限定しない)に交流・協力の機会を提供すること」を目的として, 2018年に活動を開始しました....
続きを読む
2020年01月02日 21:18

小田原利光若手育成国際交流基金による国際学会発表支援

小田原利光若手育成国際交流基金による国際学会発表支援についてToshimitsu Odawara Memorial International Conference Travel Grant for...
続きを読む
2020年01月01日 17:20

公式 Facebook ページ開設のお知らせ

公式Facebookが開設されました。最新のニュースを配信します。https://www.facebook.com/Carcinology.JPN/ 
続きを読む
2019年12月31日 23:33

2019年に開催された国際シンポジウム

2019年に日本甲殻類学会が主催、企画提供、協力したシンポジウムに関しまして下記にまとめました。ご覧ください。 2019 International Symposia
続きを読む
<< 3 | 4 | 5 | 6 | 7 >>

International Symposium: Frontiers in Crustacean Biology: Asian Perspectives

From right to left.  Jianhai Xiang (China), Peter Kee Lin Ng (Singapore), Lim Shirley (Singapore), Akira Asakura (Kyoto University), Benny K.K. Chan (Taiwan), Tsang Ling Ming (Hong Kong), Ka Hou Chu (Hong Kong) 

See more !


会員情報登録に関するサイトを開設しました。すべての会員の方は、ここで情報登録を行ってください。会誌の発送、学会からのお知らせ、将来的な学会メーリングリストの開設、将来的な選挙投票システムの構築など、会員が学会より情報を受け取るために使わせていただきます。

 

会員情報登録のサイトはこちらから

Nagoya Protocol on Access and Benefit Sharing (ABS)

名古屋議定書の発効されました。海外の標本を扱われる方は、学会発表や論文投稿の際に十分ご注意ください。Nagoya Protocol on Access to Genetic Resources and the Fair and Equitable Sharing of Benefits Arising from their Utilization to the Convention on Biological Diversity.  See;

 https://www.env.go.jp/nature/biodic-abs/index.html

 https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/mono/bio/Seibutsukanri/index.html

ABS学術対策チームのページ

 https://nig-chizai.sakura.ne.jp/abs_tft/

WWFによる解説

 https://www.wwf.or.jp/activities/2010/06/842329.html