ニュース

2020年01月13日 23:02

第2回日本甲殻類学会若手の会自由集会の企画を募集いたします

日本甲殻類学会若手の会は,「全国に散らばっている甲殻類に関心のある若人(研究者に限定しない)に交流・協力の機会を提供すること」を目的として, 2018年に活動を開始しました....
続きを読む
2020年01月02日 21:18

小田原利光若手育成国際交流基金による国際学会発表支援

小田原利光若手育成国際交流基金による国際学会発表支援についてToshimitsu Odawara Memorial International Conference Travel Grant for...
続きを読む
2020年01月01日 23:12

The Crustacean Society Summer Meeting 2020の開催

The Crustacean Society Summer Meeting 2020は、ブラジル甲殻類学会と合同で、ブラジルで開催されます。2020年9月27-30日Santos,...
続きを読む
2019年12月31日 23:33

2019年に開催された国際シンポジウム

2019年に日本甲殻類学会が主催、企画提供、協力したシンポジウムに関しまして下記にまとめました。ご覧ください。 2019 International Symposia
続きを読む
2019年12月30日 11:12

Crustacean Research 48 (Dec 2019)が出版されました!

お知らせ Crustacean Research 48 (Dec 2019)が出版されました。   Crustacean Research 48 (Dec...
続きを読む
2019年11月06日 17:20

公式 Facebook ページ開設のお知らせ

公式Facebookが開設されました。最新のニュースを配信します。https://www.facebook.com/Carcinology.JPN/ 
続きを読む
2019年11月05日 16:20

水産無脊椎動物研究所 研究助成課題の募集案内

水産無脊椎動物研究所より、研究助成課題の募集についてご連絡をいただきました。公益財団法人 水産無脊椎動物研究所2020年度個別研究助成および育成研究助成:2020年1月8日(水)締切研究助成ホームペー
続きを読む
2019年10月30日 22:47

台湾で国際シンポジウムの開催

Symbiosis and Parasitism in Crustacea: Diversity and Ecological Studies in Asian...
続きを読む
2019年10月23日 15:46

第57回大会は大変盛況に終わりました

日本甲殻類学会第57回大会が、2019年10月19日から20日に、東京海洋大学品川キャンパスで開催されました。(本ページの写真は、とくに記述のないもの以外は第57回日本甲殻類学会大会実行委員会より提供
続きを読む
2019年10月10日 23:40

2017年に開催されたシンポジウム

2017年に日本甲殻類学会が主催、共催したシンポジウムを総括しました。ご覧ください。2017 Symposia
続きを読む
1 | 2 | 3 | 4 | 5 >>

過去のシンポジウムの記録から

Past CSJ Symposia

International Symposium: Frontiers in Crustacean Biology: Asian Perspectives

【過去のシンポジウムの記録から】Successfully completed!   6-9, Oct 2017

From right to left.  Jianhai Xiang (President Emeritus, Chinese Crustacean Society), Peter Kee Lin Ng (Singapore), Lim Shirley (President, The Crustacean Society; Singapore), 朝倉彰(京都大学)Akira Asakura (Kyoto University), Benny K.K. Chan (Asian Governor, The Crustacean Society; Taiwan), Tsang Ling Ming (Hong Kong), Ka Hou Chu (Chairperson, The Crustacean Society Mid-Year Meeting 2019; Hong Kong) 

概要はここをクリック

In light of recent development and internationalization of study of biology of crustaceans in countries in Asian region, it is the best time to start establishing Asian network of crustacean biology. Caricinological Society of Japan will host the network. As the first step to turn the idea into a startup, a symposium of this subject is organized. In this symposium, people who are intensively studying crustacean biology in Asian area are invited to present review of their study.



Go to the Past Symposia page for other symposia.
---->




学会出版物のお知らせ。

新発売!

エビやカニなどの甲殻類の不思議を、最初の学術成果より、わかりやすく解説しています。全国の大型書店、専門書店で販売。ネットでの購入もできます。


学会の書籍・出版物関係の情報はこちらをクリック

 

Preprint policy of Carcinological Society of Japan

Our official journal "Crustacean Research" will consider for articles previously available as preprints on non-commercial servers, for example, bioRxiv, PeerJ PrePrints, and Nature Precedings, with some restriction. 

Please see the website of Crustacean Research for further information on this matter

 

For definition and explanation of preprint journals, please see, for example, the following site;

 https://asapbio.org/preprint-info 


生物多様性条約(CBD)とABS「遺伝資源の利用から生じた利益の公正かつ衡平な配分」に関わる問題

Nagoya Protocol on Access and Benefit Sharing (ABS)

このことについては、名古屋議定書の発効とともに、現実に対応しなければならない問題となりました。海外の標本を扱われる方は十分にご注意くださるようにお願いいたします。学会発表や論文投稿の際にも、十分ご注意ください。

Nagoya Protocol on Access to Genetic Resources and the Fair and Equitable Sharing of Benefits Arising from their Utilization to the Convention on Biological Diversity


環境省による解説

 https://www.env.go.jp/nature/biodic-abs/index.html


経済産業省による解説

 https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/mono/bio/Seibutsukanri/index.html


ABS学術対策チームのページ

 https://nig-chizai.sakura.ne.jp/abs_tft/


WWFによる解説

 https://www.wwf.or.jp/activities/2010/06/842329.html