ニュース

2021年01月29日 15:54

Recent Advances in Freshwater Crustacean Biodiversity and Conservation

News!A book of crustaceans edited by our precious CSJ member Dr. Tadashi Kawai and Dr. D....
続きを読む
2021年01月29日 15:50

【エビ・カニの疑問50】 日本甲殻類学会編

【拡散希望・シェア歓迎】日本甲殻類学会からの本の宣伝です。日本甲殻類学会編【エビ・カニの疑問50...
続きを読む
2020年12月30日 20:33

Crustacean Research 49 has been published.

日本甲殻類学会の国際誌Crustacean Research...
続きを読む
2020年12月24日 20:38

2020年度年次大会・若手の会は無事終了(10月31日)

本年度は新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、オンラインでの年次大会が10月31日に実施されました。参加してくださった方々、発表者の方々、運営をしていただいた琉球大学の成瀬徹先生を始めとする方々、あ
続きを読む
2020年12月08日 11:29

2021 (令和2) 年度卒業・修了予定の学生会員の皆様へ

学生会員の方は、卒業・修了すると正会員に移行します。正 会員の年会費は5,000円になります。また、卒業・修了に合わせて退会をご希望される場合は、2020年12月末日までに以下より退会手続きをお願いい
続きを読む
2020年12月08日 11:28

学生会員の身分について

当学会には長年学生会員として登録されている会員がいらっしゃいます。すでに、学生でない会員は、会員身分の「学生会員」から「正会員」に、以下より修正してください。「正会員」...
続きを読む
2020年11月11日 22:16

研究助成|公益財団法人水産無脊椎動物研究所

会員の皆様水産無脊椎動物研究所より、研究助成のお知らせをいただきました。下記をご参照いただき、奮ってご応募ください。(以下抜粋)公益財団法人水産無脊椎動物研究所では、2021年度個別研究助成および育成
続きを読む
2020年10月28日 21:55

2020年度総会(Web)

会員の皆様2020年度の総会につきましては、大会のオンライン開催にともない、以下の資料の回覧をもって実施にかえさせていただくこととなりました。2020年度評議員会議事録2021~2023...
続きを読む
2020年10月20日 22:14

国際カイアシ類学会の日本開催が決定!(2024年)

第15回国際カイアシ類学会(International conference on Copepoda Japan)...
続きを読む
2020年10月17日 14:55

2020年度 第16回日本甲殻類学会学会賞

2020年度第16回日本甲殻類学会賞は、以下の方々に授与されました。三次充和・久本洋子・鈴木廣志Mitsugi, M., Hisamoto, Y. & Suzuki, H., 2017....
続きを読む
1 | 2 | 3 | 4 | 5 >>

Books from Carcinological Society of Japan

新発売!

エビやカニなどの甲殻類の不思議を、最初の学術成果より、わかりやすく解説しています。全国の大型書店、専門書店で販売。ネットでの購入もできます。

ご注文は以下のリンクから

https://www.seizando.co.jp/book/4487/

 

学会の書籍・出版物関係の情報はこちらをクリック

International Symposium: Frontiers in Crustacean Biology: Asian Perspectives

Successfully completed!   6-9, Oct 2017

From right to left.  Jianhai Xiang (President Emeritus, Chinese Crustacean Society), Peter Kee Lin Ng (Singapore), Lim Shirley (President, The Crustacean Society; Singapore), Akira Asakura (Kyoto University), Benny K.K. Chan (Asian Governor, The Crustacean Society; Taiwan), Tsang Ling Ming (Hong Kong), Ka Hou Chu (Chairperson, The Crustacean Society Mid-Year Meeting 2019; Hong Kong) 

See more !

In light of recent development and internationalization of study of biology of crustaceans in countries in Asian region, it is the best time to start establishing Asian network of crustacean biology. Caricinological Society of Japan will host the network. As the first step to turn the idea into a startup, a symposium of this subject is organized. In this symposium, people who are intensively studying crustacean biology in Asian area are invited to present review of their study.

 

Go to the Past Symposia page for other symposia.

---->

 

Preprint policy of Carcinological Society of Japan

Our official journal "Crustacean Research" will consider for articles previously available as preprints on non-commercial servers, for example, bioRxiv, PeerJ PrePrints, and Nature Precedings, with some restriction. 

Please see the website of Crustacean Research for further information on this matter

 

For definition and explanation of preprint journals, please see, for example, the following site;

 https://asapbio.org/preprint-info 

Nagoya Protocol on Access and Benefit Sharing (ABS)

生物多様性条約(CBD)とABS「遺伝資源の利用から生じた利益の公正かつ衡平な配分」に関わる問題


このことについては、名古屋議定書の発効とともに、現実に対応しなければならない問題となりました。海外の標本を扱われる方は十分にご注意くださるようにお願いいたします。学会発表や論文投稿の際にも、十分ご注意ください。

Nagoya Protocol on Access to Genetic Resources and the Fair and Equitable Sharing of Benefits Arising from their Utilization to the Convention on Biological Diversity

環境省による解説

 https://www.env.go.jp/nature/biodic-abs/index.html

経済産業省による解説

 https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/mono/bio/Seibutsukanri/index.html

ABS学術対策チームのページ

 https://nig-chizai.sakura.ne.jp/abs_tft/

WWFによる解説

 https://www.wwf.or.jp/activities/2010/06/842329.html