ニュース

2018年10月24日 13:56

第56回大会は盛況に終わりました

本甲殻類学会第56回大会が、2018年10月19日から21日に、東海大学清水キャンパスで開催されました。記念撮影提供:第56回日本甲殻類学会大会実行委員会一般講演17題の口頭発表、18題のポスター発表
続きを読む
2018年10月23日 11:53

研究助成|公益財団法人水産無脊椎動物研究所(19年1月10日締切)

公益財団法人水産無脊椎動物研究所より当学会に、助成金募集のご連絡をいただきました。2019年度個別研究助成および育成研究助成:2019年1月10日(木)締切 研究助成ページ:https://www.ri
続きを読む
2018年09月03日 09:33

お知らせ「若手の会 第1回自由集会」10月19日(金)東海大学

東海大学での学会大会の前日に、「若手の会...
続きを読む
2018年08月11日 11:54

教員公募情報(東海大学海洋学部)

東海大学から水産無脊椎動物学を専門とする教員の公募情報をご提供いただきました。詳細は以下のPDFファイルをご覧ください。https://csjwebsite4.webnode.jp/_files/2000
続きを読む
2018年07月24日 11:00

鈴木博若手育成国際交流基金

鈴木博若手育成国際交流基金(日本甲殻類学会) 日本甲殻類学会は甲殻類学の将来を担う優れた国際的人材の育成を目指しており、その一環として若手研究者の会員の海外学会における発表を支援します。本支援事業は、
続きを読む
2018年05月18日 16:59

第56回大会のお知らせ

第 56 回大会を以下の要領で開催いたします。多くの皆様のご参加をお待ち申し上げます。 会場:東海大学清水キャンパス(海洋学部、静岡県静岡市清水区折戸...
続きを読む
2018年05月15日 21:58

The Crustacean Society Mid-Year Meeting 2019 のお知らせ

来年2019年のThe Crustacean Society Mid-Year Meetingは、ホンコンで開催されます。2019年5月26日- 30日Venue: The Chinese...
続きを読む
2018年01月10日 19:54

Ninth International Crustacean Congressのお知らせ

TCS wishes all of you happy holidays and a New Year full of crustaceans.Once again, TCS would like...
続きを読む
2017年10月17日 10:54

第55回大会は盛況に終わりました。

日本甲殻類学会第55回大会が、2017年10月7日と8日に、東京大学大気海洋研究所で開催されました。記念撮影写真:大土直哉一般講演14題の口頭発表、18題のポスター発表、7題の中学生・高校生によるポス
続きを読む
2017年10月12日 12:00

2018年度公益財団水産無脊椎動物研究所個別研究助成および育成研究助成募集について

公益財団法人水産無脊椎動物研究所から、助成課題募集のご案内をいただきました。募集内容は以下のとおりです。2018年度公益財団水産無脊椎動物研究所個別研究助成および育成研究助成募集について公益財団法人水
続きを読む
1 | 2 | 3 | 4 | 5 >>


過去のシンポジウムの記録から

Past CSJ Symposia


International Symposium: Frontiers in Crustacean Biology: Asian Perspectives

【過去のシンポジウムの記録から】Successfully completed!   6-9, Oct 2017


From right to left.  Jianhai Xiang (President Emeritus, Chinese Crustacean Society), Peter Kee Lin Ng (Singapore), Lim Shirley (President, The Crustacean Society; Singapore), Akira Asakura (Kyoto University), Benny K.K. Chan (Asian Governor, The Crustacean Society; Taiwan), Tsang Ling Ming (Hong Kong), Ka Hou Chu (Chairperson, The Crustacean Society Mid-Year Meeting 2019; Hong Kong) 

概要はここをクリック

In light of recent development and internationalization of study of biology of crustaceans in countries in Asian region, it is the best time to start establishing Asian network of crustacean biology. Caricinological Society of Japan will host the network. As the first step to turn the idea into a startup, a symposium of this subject is organized. In this symposium, people who are intensively studying crustacean biology in Asian area are invited to present review of their study.


シンポジウム【甲殻類と生息場スケールをめぐる新たな視点】

【過去のシンポジウムの記録から】2018年10月3日。成功裡に終わる!東海大学海洋学部にて標記のシンポジウムが開催されました。

世話人: 大土直哉・太田悠造

太田悠造「ウミクワガタ類の宿主および生息基質利用」、大土直哉「モガニ類の分類・生態の研究から見えてきた沿岸岩礁域生態系の多様性」、川井田 俊「マングローブ域におけるカニ類の棲み分けと餌利用との関係-セルロースの分解能に着目して-」、邉見由美「テッポウエビ類の巣穴構造-巣穴形成と共生者による巣穴利用-」、吉川晟弘「ヤドカリの貝殻という生息環境」



International Symposium on Evolutionary Biology of Parasitic and Symbiotic Relationships between Molluscs and Crustaceans

【過去のシンポジウムの記録から】Successfully completed!   15 April 2017


日本貝類学会と日本甲殻類学会の合同国際シンポジウムが和歌山県の白浜で2017年4月に行われました。これは中野智之氏(京都大学)を大会委員長とする日本貝類学会のシンポジウムとして行われました。

左から朝倉彰(京都大学)、Emiliano H. Ocampo (University of Mar del Plata, Argentina), 伊谷行 (高知大学), 後藤龍太郎 (京都大学), Andrew Jeffs (University of Auckland, New Zealand), 安岡法子 (奈良女子大学), 渡部哲也 (西宮市貝類館), Antonio Baeza (Clemson University, USA), 大越健嗣 (日本貝類学会会長、東邦大学)

概要はここをクリック

当日の様子はここをクリック



日本甲殻類学会・日本貝類学会 共催シンポジウム「捕食・被食と殻の役割」

【過去のシンポジウムの記録から】2017年の 10月に第二回目となる日本貝類学会との合同シンポジウムが、東京大学大気海洋研究所で開催されました。

シンポジウム趣旨紹介:狩野泰則.  入江貴博「誘導防御:いまさら訊けない蟹と貝のカンケイ」、藤原慎一「カニのハサミのかたちと使い方の関係~形態から見積もるハサミの破壊力と壊されにくさ」、加賀谷勝史「シャコの殻割り行動の制御機構」、石川牧子「太古の攻防を垣間見る:生痕から見る貝・ヤドカリへの捕食圧」、早川 淳・大土直哉「大型甲殻類および肉食性巻貝類によるサザエの捕食とその痕跡」、中山 凌・中野智之「捕食回避から見るカサガイの巻貝への付着行動」、許晃「イソダニ類の摂餌生態と貝形虫の捕食痕」、角井敬知 「巻貝の殻を背負って生きるタナイス」、遊佐陽一 「寄生性フジツボ・トサカエボシのアグレッシブな摂食」、AKI, INOMATA「ヤドカリの宿貝替え行動を用いたアート作品の制作」

概要はここをクリック




Symposium of "Biology of the EBI (prawn, shrimp, and lobster)" dedicated to Dr. Ken-Ichi Hayashi, Emeritus Professor of National Fisheries University.

【過去のシンポジウムの記録から】鹿児島大学大会(鈴木廣志・大富潤さんら大会委員会)2016年でのシンポジウム

学会名誉会員の林健一先生(水産大学校名誉教授)の叙勲を記念してシンポジウムを開催しました。講演者にJung Nyun Kim (National Institute of Fisheries Science, Korea)、Tixiong Cai (National Biodiversity Centre, Republic of Singapore)、Marcy N. Wilder (JIRCAS)ら各方面でご活躍の多彩なスピーカーをお迎えし多角的な角度からエビ類に関するシンポジウムを開催。林先生と研究上のご縁の深いProf. Tin-Yam Chan (Institute of Marine Biology, National Taiwan Ocean University) から学名が林先生に献名されているミノエビ Heterocarpus hayashii の精巧なプラスティック模型が林先生に贈られました。標本はProf. Peter Kee Lin Ng (National University of Singapore)から、林先生へと手渡されました。



IAA&CSJ Joint International Conference on Crustacea


【過去のシンポジウムの記録から】2014年の大会はInternational Association of Astacology (IAA)との合同大会となりました。招待講演者にはProf. Amir Sagi (Negev Ben Gurion University、Israel。International Society for Invertebrate Reproduction and Developmentの元会長)、 Prof. Sérgio Bueno (University of São Paulo, Brazil、ブラジル甲殻類学会元会長) 、Prof. Neil Cumberlidge (Northern Michigan University, USA) ら、当該分野の世界のトップの方々をお招きして行われました。川井唯史博士が大会委員長となり、2つの異なる学会の意見を調整して、ひとつにまとめて大会を開催する、という大変に困難な仕事を成し遂げられました。

Special thanks!

スポンサー協力:The Crustacean Society (USA)

後援と広報:Sociedade Brasileira de Carcinologia(ブラジル甲殻類学会)、International Society of Invertebrate Reproduction & Development、Colloquium Crustacea Decapoda Mediterranea、日本プランクトン学会、日本ベントス学会、日本水産学会、日本生物地理学会、日本生物科学者協会、日本自然保護協会

International Symposium: Phylogenetic, Ecological, and Behavioural Aspects among Cryptic or Semi-cryptic Species of Crustacea

 【過去のシンポジウムの記録から】Successfully completed!   11 Oct 2015  東京海洋大学品川キャンパス

An award ceremony for Dr. Colin McLay (Univ. Canterbury, New Zealand)

Christoph D. Schubart (Univ. Regensburg, Germany) & Theodor Poettinger (Univ. Regensburg, Germany): Determining the amount of cryptic species and overlooked diversity in freshwater crabs.

Tohru Naruse (Univ. Ryukyus): Recent advancements of the knowledge of crab fauna of the Ryukyu Islands.

Izumi Yamasaki (Nat. Res. Inst. Far Seas Fisheries) & Wataru Doi (Tokai Univ.)The research history to distinguish two species of Hemigrapsus crabs, H. penicillatus and H. takanoi.

Aya Miyajima (Suma Aqualife Park Kobe) & Keiji Wada (Nara Women's Univ.). Comparison of life history and social behavior of the two allied varunid crabs Hemigrapsus takanoi and H. sinensis

Martina Weiss (Ruhr Univ. Bochum, Germany), Alexander Weigand (Ruhr Univ., Germany), Ahmad-Reza Katouzian (Univ. Tehran, Iran), Alireza Sari (Univ. Tehran, Iran) & Florian Leese (Univ. Duisburg-Essen, Germany). Global players revised: Assessing cryptic diversity in the genus Gammarus

Yuna Zayasu (OIST Marine Genomics Unit). Comparison of molecular phylogenetic relationships between massive corals and pit crabs.



シンポジウム: フジツボ類(蔓脚亜綱)の生物学 (International Symposium on Barnacle Biology, Part II)

【過去のシンポジウムの記録から】Successfully completed!   11 Oct 2014  東京海洋大学品川キャンパス

世話人: 山口 幸 (神奈川大学), 吉田 隆太 (琉球大学), 遊佐 陽一 (奈良女子大学)

--------------------------------------------------------------

澤田 紘太 (総合研究大学院大学):フジツボの矮雄から探る性システムの進化

林 亮太 (東京大学):カメフジツボの矮雄と移動能力の進化

吉田 隆太 (琉球大学):ライデン自然史博物館(ナチュラリス)から辿るフクロムシの分類と現状

小林 桃子 (秋田県立大学):寄生性フジツボ(ウンモンフクロムシ)のトランスクリプトーム解析

 Benny K. K. Chan (Academia Sinica):Molecular biogeography and host specificity of coral associated barnacles (Cirripedia: Pyrgomatidae) in the Indo-Pacific waters

松村 清隆 (東京バイオテクノロジー専門学校):フジツボ群居を成立させる着生誘起シグナル

森 敬介 (国立水俣病総合研究センター):クロフジツボの生態 -20年間の長期追跡調査の結果を基にして-

野方 靖行 (電力中央研究所):汚損生物としてのフジツボ

Chien Wen Liu & Benny K. K. Chan (Academia Sinica) : Larval development and settlement pattern of coral associated barnacles, Berndtia spp. (Acrothoracica) and Darwiniella angularis (Thoracica)

--------------------------------------------------------------

このシンポジウムは2014年に京都大学瀬戸臨海実験所で開催された

International Symposium on Barnacle Biology

に引き続き、同じ研究プロジェクトチームにより開催されたものです。昨年のシンポジウムの様子の写真は下記。大変に熱気あふれるシンポジウムでした。

要はこちらをクリック




シンポジウム:フクロエビ類の生物学

【過去のシンポジウムの記録から】世話人:田中克彦(東海大学海洋学部)・齋藤暢宏(株式会社水土舎)

2015年10月9日。東京海洋大学品川キャンパス 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下村通誉(北九州市立自然史・歴史博物館):日本産ミズムシ亜目の多様性と分類

山内健生(兵庫県立大学/兵庫県立人と自然の博物館):日本産魚類に寄生するウオノエ科等脚類について

有山啓之(大阪市立自然史博物館):ヨコエビとはどんな動物か?-形態・色彩・生態について- 

阪本真吾(東京大学):ヒメオオメアミ Idiomysis japonica(アミ目, アミ科)の群れ構造とその動態

角井敬知(北海道大学):タナイスの多様性-特に生殖様式について

中町健(京都大学):日本産コツブムシ類の生活史を探る-生殖戦略と種内コミュニケ

齋藤暢宏(株式会社水土舎):エビヤドリムシ科等脚類の研究:だから寄生虫の研究はやめられない!(自由集会まとめにかえて) 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



生物多様性条約(CBD)とABS「遺伝資源の利用から生じた利益の公正かつ衡平な配分」に関わる問題

Nagoya Protocol on Access and Benefit Sharing (ABS)

このことについては、名古屋議定書の発効とともに、現実に対応しなければならない問題となりました。海外の標本を扱われる方は十分にご注意くださるようにお願いいたします。学会発表や論文投稿の際にも、十分ご注意ください。

Nagoya Protocol on Access to Genetic Resources and the Fair and Equitable Sharing of Benefits Arising from their Utilization to the Convention on Biological Diversity


環境省による解説

 https://www.env.go.jp/nature/biodic-abs/index.html


経済産業省による解説

 https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/mono/bio/Seibutsukanri/index.html


ABS学術対策チームのページ

 https://nig-chizai.sakura.ne.jp/abs_tft/


WWFによる解説

 https://www.wwf.or.jp/activities/2010/06/842329.html